2016年6月12日日曜日

Art OF BMW M3 E90 | 5D3 + 50MM F1.4

2台のBMWで伊豆の旅、前回のバイクS1000RRに続いて、クルマM3の写真です。

SIGMA Art | BMW and BMW

このM3を運転して伊豆スカイラインに来たのですが、V8エンジンはBMW伝統のシルキー6とは異なり荒削りでワイルドなエンジンフィーリングがこれまた最高でした。

SIGMA Art | BMW and BMW

そして、自然吸気エンジンならではの気持ち良さ、ゆっくり走っていてもストレスがありません。

SIGMA Art | BMW and BMW

このE90 の後継モデルとして最新のM3 F80では再び直列6気筒に戻りましたが、ターボエンジンとなってしまいました。

SIGMA Art | BMW and BMW

おそらく、このE90 V8モデルがM3の頂点として今後も記憶に残るクルマになると思います。

SIGMA Art | BMW and BMW

カメラの方も一眼レフからミラーレスカメラへの流れが加速しているかもしれませんが、やはりメカニカルな振動や音、そして手に伝わって来る操作感も大切だと思います。

SIGMA Art | BMW and BMW

今回、EOS 5D Mark IIIは一眼レフとして熟成されたカメラ、そしてこのM3はBMWが熟成させた最後の大排気量の自然吸気エンジンということで何か共通点のようなものを感じました。

SIGMA Art | BMW and BMW

そして、SIGMA 50mm F1.4 Artレンズ  のずっしりとした重みはガラスの中を光が通って行く感覚を覚える貴重なレンズだと思います。

ART of BMW S1000RR | 5D3 + 50mm F1.4

BMWの2台で伊豆スカイラインに来ました(前の記事
EOS 5D Mark IIIで撮った、バイクの方の写真をアップします。

SIGMA Art | BMW and BMW

このバイクBMW S1000RRはおそらく現時点で普通に市販されているバイクで最も“ラップタイムが速い”バイクだと思います。


SIGMA Art | BMW and BMW


SIGMA Art | BMW and BMW

快晴の伊豆の空の元、BMWブルーが生えますね。

SIGMA Art | BMW and BMW

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artも数あるレンズの中で最高の1本。


SIGMA Art | BMW and BMW


SIGMA Art | BMW and BMW

マシンの性能はカタチに現れるということ、写真で撮っていてもその速さがレンズを通して語って来るようです。

2016年6月9日木曜日

ART of BMW | 2台のスーパースポーツ

伊豆スカイラインのスカイポート亀石のパーキングにて、

SIGMA Art | BMW and BMW

BMW Motorradのスパーバイク S1000RRと、BMWのスーパースポーツセダン E90 M3 をCanon EOS 5D Mark IIIとSIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artレンズの組み合わせで撮影しました。


SIGMA Art | BMW and BMW


実はこの2台とも友人の所有車。
何故、2台同時にここにあるかというと、友人の方がS1000RRで、私が、M3を運転させてもらってここまでやってきたからなのです。

SIGMA Art | BMW and BMW

ちなみに、S1000RR は199PS、M3は420PSということで、両方合わせて600馬力オーバーということになります、お一人で合計馬619頭分を所有している友人が羨ましい限りです。
ということで、BMW最高の2台を、最高のレンズSIGMA 50mm Artで撮影させて頂きました。

SIGMA Art | BMW and BMW


SIGMA Art | BMW and BMW