SIGMAのカメラとレンズで撮影したフォトログです。by Youのデジタルマニアックス

2012年8月19日日曜日

東京スカイツリー付近から、浅草に向かって歩いてみました。

Merrill in DownTown of Tokyo

重たい一眼レフと交換レンズを持って、夏の熱い日中を歩くのちょっとしたアスレチックになるのですが、DP2 Merrillだけなら“ちょっとお散歩”感覚で移動できますね。


Merrill in DownTown of Tokyo

吾妻橋から、浅草に上陸(^^;です

Merrill in DownTown of Tokyo

この絵柄見ていると、アジアって感じで、日本とは思えない暑い熱いキラキラ感ですねーw


Merrill in DownTown of Tokyo

このあたりからだと、換算45mmレンズでちょうどスカイツリーの全貌を収めることが出来ました。

Merrill in DownTown of Tokyo


もういっちょ。
スカイツリーの映り込みが綺麗。

Merrill in DownTown of Tokyo

お子様&マイクロフォーサーズが可愛いw

Merrill in DownTown of Tokyo

ちょっとした看板も、下町感が出てきました。

Merrill in DownTown of Tokyo

Merrill in DownTown of Tokyo



Merrill in DownTown of Tokyo

これから、お約束の浅草寺見物して来ます。

Merrill in DownTown of Tokyo

Merrill in DownTown of Tokyo

2012年8月18日土曜日

解像度バリバリのFOVEON Merrillで撮りたくなったものと言えば、(あまりにもベタですが)やはり東京スカイツリーでしたw

Merrill in Tokyo Sky-Tree

お仲間発見;;;^^)


Merrill in Tokyo Sky-Tree


ただ、35mm判45mmの画角ではなかなかスカイツリーの全貌を収めるには、ちょっとむずかしい(^^;(わかっちゃいたけど)

Merrill in Tokyo Sky-Tree

やはり、換算28mm相当のDP1 Merrillの登場も待ち遠しいですね。

Merrill in Tokyo Sky-Tree


Merrill in Tokyo Sky-Tree


なので、スカイツリー付近はそこそこにして、浅草方面に向かって徒歩で移動することにしました。



Merrill in Tokyo Sky-Tree


はとバス、楽そうでいいなぁw

Merrill in Tokyo Sky-Tree

2012年8月17日金曜日

FOVEONは高感度が弱い。。。と言われていますが、暗いところでもけっこう使えそうです。

Merrill Night in Akihabara

夕方〜夜の秋葉原で撮影してみました。

Merrill Night in Akihabara

なんとなく他のセンサーより感度低く撮れているような気がしないでも無い。

Merrill Night in Akihabara

色再現性が強いので、多少露出が低くても抜けの良い画像が出てくるような気がします。

Merrill Night in Akihabara

また、RAW現像ソフトSPPでも、HDR的な処理を行うことが出来るので、暗めに撮影した写真をインパクトある仕上がりに持ち込むことが出来ました。

Merrill Night in Akihabara

勿論、一眼レフカメラの大型センサーのように、完璧な高感度性能というワケでも無く、かなり無理をしているという感じがしないでも無い。

Merrill Night in Akihabara

部分的に、グリーンやマゼンタのムラが出ている場合があるので、丹念に目立たないような処理をすることでカバーするしか無いですね。

Merrill Night in Akihabara

処理し切れない場合はモノクロにしても良いかな・・・

Merrill Night in Akihabara


FOVEONの独特の発色も暗闇でも雰囲気を出せる武器になります。

Merrill Night in Akihabara


というか、暗いところでもAFや露出も言われているほど問題が無いのは意外と言えば意外でした。

Merrill Night in Akihabara


やはり、撮影後にモニタから出てくる絵が独特ですので、撮っていて本当に楽しいカメラですね。
これまでのDPシリーズの聞いた話によれば、遅いとか、UIが使い難いとか、ということでしたがっ、
DP2 Merrillは意外にスナップが得意なことに驚きました。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

SIGMA DP2 Merrill 1st experience


起動は遅くありません。
また、沈胴しないレンズはすぐに撮影体制に持ち込むことが出来ます。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

ボタン類、ダイアル類などのUIも整理されていて、シンプルなのが良いですね。

良い意味で電源を入れてレリーズボタンを押すことに専念出来ます。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

大きなレリーズボタンとその周りのダイアルだけ集中すれば良いとおもいます。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

撮影した後、意外に綺麗な3インチ液晶にこれまでに見たことも無いようなシャープな写真が現れると嬉しくなってきます。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

RAWで撮影するのがディフォルトですが、7枚までならバッファ開放時間を気にすること無く連続撮影可能です。

バッファ可能枚数もディスプレイに表示されていますのが、とても参考になります。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience


このサクサク感も嬉しい意外ポイントでした。


SIGMA DP2 Merrill 1st experience

2012年8月4日土曜日

クローズアップレンズAML-2を付けて撮影してみました。

SIGMA DP2 Merrill+AML-2 1st experience

クローズアップレンズ付けてもDP2 Merillの高画質はそのままというのが嬉しいですね。

非装着時でも、大型センサーによるボケを生かした近距離撮影が可能です。
AFも、思ったより遅くなく、逆に快適なくらいです。
ただAFにはちょっとコツが必要なのですが、それは後ほど。

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

SIGMA DP2 Merrill 1st experience

Slider

Join the Team

footer social

Navigation-Menus (Do Not Edit Here!)

Popular Posts

Powered by Blogger.

A Grain of GR

このブログを検索

Blogger news

Latest Photos

ページ