2013年3月27日水曜日

Ginza - Pink - Merrill

2月24日東京マラソンの日、DP3 Merrillで撮影していた画像を見なおしていると、ピンクが目立ちました。

DP3 - Ginza

ということで、遅くなりましたが、桜の季節のピンクつながりで、銀座のピンク画像(ちょっと言い方悪いか?w)を選んでみました。

DP3 - Ginza

ちなみに、こちらの桜はフェイク、すなわち造花です;;;^^)

DP3 - Ginza


DP3 - Ginza


DP3 - Ginza

DP3 - Ginza


DP3 - Ginza


DP3 - Ginza


DP3 - Ginza

2013年3月24日日曜日

桜:Sakura 2013

国道246号と東名高速道路が交差する江田交差点。
そこにある大きな早咲き桜、今年も一番に花開き始めました。

Sakura 2013 - DP3M

まだ7分咲きといった感じでしょうか。。。。

Sakura 2013 - DP3M

おそらく来週にはもっとピンクの色に輝き、そして多くの花弁が舞う風景が見れると思います。

Sakura 2013 - DP3M

毎年この桜が咲くと、ほっと一安心なんですが、今年は仕事が忙しく次の週から約2週間ホテル住まいになり、コレ以上この桜の下を通ることは出来ません。

Sakura 2013 - DP3M

仕事が終わり、家に帰る頃はこの桜に代わり別の桜がピンク色に染まっている筈です。

Sakura 2013 - DP3M


来年も元気に、そして一番に咲き誇っているでしょう。

Sakura 2013 - DP3M


Sakura 2013 - DP3M

2013年3月2日土曜日

DP3 Merrill 購入しました

DP3最初の1枚です

SDIM0001


DP3 Merrillを購入した理由は。。。

■キャッシュバックキャンペーンがあったから(^^;

DP2ユーザーは、DP3 を購入すると何と3万円ものキャッシュバックを受けることが出来ます。
発売前からキャッシュバックというのが異例ですが、その金額も9万円のカメラとしては多い方だと思います。
これはビジネス上の戦略なのか、それとも、山木社長の良心なのでしょうか?
どちらにしてもDPシリーズなりFOVEON搭載のカメラをもっと楽しみたいと思っている人にとっては嬉しいことです。


■シンプルだから

SIGMAはカメラレンズの会社だですが、もうひとつ手に入れた武器が世界唯一のFOVEONセンサー。

DPシリーズは正にその2つの要素だけに注力したカメラだということで、非常に判りやすい製品だと思います。
購入する側はこのカメラが得意なこと、逆に出来無いことを解って買うことが出来るということですね。


■使い易いから

シンプルであるからこそ使い易いとおもいます。
私のセッティングでは親指AF、そして、Pモードをダイアルでプログラムシフトします。
露出補正は十字キーワンプッシュで可能。
つまり、親指で最少のオペレーションで撮影準備が可能、後はレリーズするだけです。
またRAW現像が基本なので、露出意外は何も考えなくて良いということになります。

2枚目はSPP5.5でモノクロ現像してみました。

SIGMA DP3 Merrill Day 1st

3層によるカラーセンシングが特徴のFOVEONですが、逆にその構造上モノクロも素晴らしい表現で現像が可能になるというのはエポックですね。

SIGMA DP3 Merrill Day 1st

そして、搭載されいているレンズの焦点距離は50mmで換算75mmという画角は異例と言われていますが、ちょい望遠というのが、とりあえず絵になるというか、、、


SIGMA DP3 Merrill Day 1st

FOVEONはただシャープな画像だけでなく、写真としての豊かな画像を生成してくれるのも不思議ですね。

SIGMA DP3 Merrill Day 1st

DP1、DP2、DP3は異なる3種類の画角を同じボディで揃えるというコンセプト。
これもレンズメーカーとしてシグマならでは主張なのではとおもいます。

SIGMA DP3 Merrill Day 1st

DP2 MerrillとDP3 Merrillの2台を使ってますます今後のシグマという会社の発展が楽しみになって来ました。

SIGMA DP3 Merrill Day 1st

SIGMA DP3 Merrill Day 1st


SIGMA DP3 Merrill Day 1st


SIGMA DP3 Merrill Day 1st


SIGMA DP3 Merrill Day 1st

SIGMA DP3 Merrill Day 1st